間接照明の通販店【中野照明商店】配送・支払い 間接照明の通販店【中野照明商店】お客様の声 間接照明の通販店【中野照明商店】お客様の声 間接照明の通販店【中野照明商店】トップページ

日本最大級の間接照明通販サイト 中野照明商店

お気軽にお問い合わせください
0120-873-317
営業時間:平日10:00〜17:00

15000円以上ご購入で送料無料! 30日間全額返金保証
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

波紋 スタンドライト

年末年始の営業のお知らせ

12月28日(木)〜1月4日(木)までの間は、年末年始のため休業とさせていただきます。

年末年始休業期間中のご注文の商品の発送は、1月5日(金)より順次発送させていただきます。

商品の着日指定等ご希望に添えない場合がございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせにつきましては1月5日(金)より順次ご返信させていただきます。

間接照明の人気ランキング
間接照明のランキングで1位
12,960円

業界を震わせた伝説のスタンドライト! 満足度も高くて年間を通しても売り上げ人気ナンバーワン。 ストレスを癒しに変えてくれる波紋で「幸せな時間」をお楽しみください。

間接照明のランキングで2位
17,400円

理想の形、見つけた! 王道とスタイリッシュを兼ねそろえた人気の天井照明です。 インテリアとの相性抜群!とてもオシャレな天井照明です。

間接照明のランキングで3位
17,400円

このシーリングライト1台でお部屋のムードが劇的に変わります。 当店が自信を持ってお届けします。 天井照明で迷った時はこちらをお選び頂ければ間違いありません。

間接照明のランキングで4位
8,900円

完璧な形がありました。可愛いまんまるな形はなんとも引き込まれる雰囲気をもっています。 プレゼントにもよく選ばれています。

間接照明のランキングで5位
27,702円
間接照明のランキングで6位
9,180円
間接照明のランキングで8位
8,532円
間接照明のランキングで9位
29,700円
間接照明のランキングで10位
10,440円
送料・手数料・割引
●送料全国 一律1080円●
(北海道・沖縄も含む)
↓↓↓

1度に15,000円以上お買い上げいただくと“送料無料”!

間接照明のカテゴリー
種類で選ぶ
テイストで選ぶ
使用場所で選ぶ
アクセサリー
電球
部屋の広さで選ぶ
照明の高さで選ぶ
LED電球対応
価格で選ぶ
キャンペーン
fax注文書

中野照明商店は、FAXのご注文も受け付けています。FAXでご注文される方は、下からFAX注文書をプリントアウトして、必要事項をご記入の上、FAXでお送りくださいませ。

メディア出演
ビジネスチャンス

09/9/1 (火)
ビジネスチャンスの9月号の社長のOFF の中で、SHOTページとして店長の中野潤が紹介されました!ありがとうございます。
(出典:ビジネスチャンス)

VS嵐

09/6/6 (土)
テレビの<VS嵐>でゲストのブラックマヨネーズの吉田さんの賞品として中野照明商店の間接照明が紹介されました。ありがとうございます!
(出典:フジテレビ)

ROOMインテリアカスタムBOOK

09/4/19 (日)
ROOMインテリアカスタムBOOKのvol.5で中野照明商店の照明を紹介していただきました。ありがとうございます!
(出典:ダイアプレス)

 

間接照明の電気代はどのくらい?設置する前に調べてみよう!

インテリアとしても人気のある間接照明。
部屋に取り入れてみたいアイテムのひとつですが、電気代が高くつくのではないかと心配している方も多いかもしれません。
実は間接照明でも電球の種類や設置場所を考えれば、節電につながります。
今回は経済的な視点から、間接照明の電気代についてご説明します。

lighting image

間接照明とは?

間接照明とは光を天井や壁に反射させて使う照明のことです。
光を下に向かって照らす直接照明とは異なり、電球の光を直接目にしない温かみのある光が特徴です。
間接照明は寝室や階段などによく用いられますが、単に実用的な側面からだけでなく、ランプシェードの形によって反射する光の形の変化を楽しめるため、おしゃれなインテリアとしても人気を集めています。

間接照明の電気代は高くつく?安く済む?

照明器具の電気代は、消費電力「W(ワット)」の値で決まります。
実際のところ、間接照明自体というよりも、照明に使う電球の消費電力から電気代を考えた方がよさそうですね。
一日の電気代は以下のようにして求めることが出来ます。

  1. 電球の消費電力(W)を調べる。

    電球本体や外箱に記載されています。

  2. 電力量を計算する。

    消費電力(W)×一日に点灯する時間(h)=電力量(Wh)
  3. 電力量(Wh)をkWhに換算する。

    電力量(Wh)÷1000=kWh
  4. 1kwhあたりの電力量料金単価を調べる。

    各電力会社や契約内容、使用料等で異なるため、契約している電力会社に問い合わせたり、ホームページで確認しましょう。

  5. 電気代を計算する。

    電力量(kWh)×電力量料金単価=一日の電気代

例えば電球が50W、一日8時間点灯、電力量料金単価が22.83円として計算すると...

50W×8h=400Wh
400Wh÷1000=0.4kWh
0.4kWh×22.83=9.132円

がその照明で一日にかかる電気代です。

家庭での照明の電気代

一般的な家庭においては、照明の電力消費量はエアコン、冷蔵庫に次いで高く全体の14%を占めています。
毎日使っている照明の電気代を節約することは、家計にとっても環境にとっても、とても効果が大きいのです。

電球を選んで節電

lighting image

間接照明の電気代を考える際には、まず電球の種類が重要になってきます。
現在、家庭向けでよく使われている照明としては、白熱電球、蛍光灯、LEDランプがありますが、それぞれの電気代はどのようになっているのでしょうか?
一般的に、白熱電球は耐用年数が短く、消費電力も大きいため節電には不向きです。
一方、蛍光灯は白熱電球に比べて、同じ明るさにするために使用する電力は約4分の1程度。
非常に省エネなのが特徴です。
さらに、電球自体が長寿命で、価格もLEDに比べて安価なため、一般的によく使われています。

LEDランプとは、発光ダイオードと呼ばれる半導体を使ったもので、少ない電力で明るく点灯します。
蛍光灯よりもさらに省エネで、白熱電球の約5分の1程度の電力で同じような明るさが得られます。
LEDは一般的なもので寿命は約4万時間と長寿命で、仮に一日10時間点灯しても8〜10年は持つ計算になります。
白熱電球などに比べて電球自体の価格は高めになっていますが、交換電球の購入費用や手間がかからないという利点があります。

配置を考えて効果的に使う

間接照明を設置する際には配置も重要です。
間接照明は光を反射させて使用するため、壁や天井の色が暗い場合、光の反射が弱くなり少し暗く感じるかもしれません。
リビングなど明るさを必要とする部屋に設置する場合は、反射させる壁や天井の色を検討したり、直接照明と組み合わせて使ったりすることも考えてみましょう。
ただし、照明の数が増えるほど電気代も増えますので、注意してくださいね。

lighting image

電気代の観点から見ると、間接照明も他の照明と同じように消費電力や使う電球を見直すことで、電気代の節約につながります。
また、上手に配置することで、明るさとおしゃれさ、節電を同時に叶えることができるでしょう。
照明を一つ変えるだけで、部屋の雰囲気もガラッと変わります。
間接照明の持つ特性をうまく生かして、居心地の良い部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

オススメの商品